ヘッダーロゴ

今回は、グローバルタウン尾張旭『親子のアトリエ』でも度々レッスンを開催していただいてる、アイシングクッキーruru先生のレッスン内容をご紹介させていただきます٩( ᐛ )و

 

 

2児のママ。長久手市を中心に、少人数制アイシング教室やケーキポップス教室を開催。

Instagram : @icingruru

 

ruru先生は、2人のちびっこのママ。自分のことだけでも精一杯な編集担当から見たら、子育てをしながら家事もして、その上“好き”を生かした教室まで運営するなんて、神業です。

 

以前、

「ただでさえ大忙しのはずなのに、さらに教室運営をするなんて、どうしてそんなにがんばれるんですか?」

という質問をさせていただきました。

ruru先生のこたえは、

「教室を開催することで、喜んでくださる方々いるのが嬉しいから」。

教室を通した出会いに喜びを感じていらっしゃるようでした。また、

「私自身が、1人目の出産のあと、育児と家事でいっぱいいっぱいになってしまったときに、集中することで頭の切り替えができるアイシングの世界に助けられました。当時の私みたいにいっぱいいっぱいな気持ちでいるお母様方に、少しでもリフレッシュできる時間を提供できたらな、と思っています。それから、子どもたちがキッズ向け体験レッスンで楽しそうにアイシングしている様子を見ているのも、単純に、大好きなんです」

とも話してくださいました。

 

いろんな想いがあって活動が続くんだなぁ…としみじみ。。。

 

 

それではここからレッスン内容を(ちょっとだけになってしまいますが)ご紹介!

ということで、キッズ向けの体験レッスンとして開催された、『かき氷&イルカ』をつくったときのレシピをお伝えしていきます٩( ᐛ )و

 

会場には、アイシングするばっかりの状態に、クッキーとクリームを用意してくださっています。

 

このクッキーをアイシングする順番が次の通りです。

※途中、アイシングの色と感性の色とが噛み合っていませんが、どうかご容赦ください(>_>)

 

①かき氷の器を描きます。

“縁を描いてから、中を塗る”

これ、アイシングの鉄則だそうです。

 

②かき氷の器を乾かしている間、イルカに取り掛かります。

“縁を描いてから、中を塗る”

やっぱりこの鉄則はここでも有効です。

 

③そうこうしているうちに器が乾いたかき氷を完成させます。

氷を描いたら、お砂糖シロップを振りかけてスプーンにも色付けを。

 

 

ブルーのイルカやピンクのイルカ、その他、模様がついたイルカなどなどなど、子どもたちは楽しそうにユニークなイルカをつくりあげていました〜。

 

 

わいわい・がやがや。ちびっこも、お姉ちゃんお兄ちゃんも、大人たちがびっくりするほど真剣な顔で取り組んだと思ったら、出来上がってにんまり。みんなで楽しそう〜に取り組んだり、のめり込んでいたり、笑ったりしているあったかい空気が、この写真から、少しでも伝わるといいのですが…(。-_-。)

 

 

ruru先生のレッスン・イベントは不定期です。詳しくはruru先生のインスタグラムで告知がされているので、ご興味のある方はぜひぜひチェックしてみてください!

Instagram : @icingruru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トップページへ戻る

愛知県尾張旭市北本地ヶ原町3丁目62-1
外観写真

トップへ