ヘッダーロゴ

突然ですが。cocoru先生のお子さん(むすめちゃんとむすこくん)が「教えてあげる♡」と、バスボムづくりを実演してくれました〜(*♡▽♡*)。

ということで、バスボムづくりについてご紹介します٩( ᐛ )و

 

アロマバスボムはかわいいだけではなくて、実はなかなか優れものだそうです。

■アロマバスボムの効果:

・ミネラル豊富な岩塩でアンチエイジング効果

・お砂糖による、ダメージから肌を守るバリア効果

・お肌をしっとり柔らかくする効果

・アロマの香りよるリラックス効果

・発泡することによる汚れ落とし効果

などなどなど…

 

アロマスイーツバスボムは、うれしい効果がたくさんあるんですね〜。

 

 

それでは、レッスンで体験できるアロマスイーツバスボムづくりに入ります!

レッスン会場には、このように、一人分ずつのキットと飾り用のセットが準備してあります。

 

まずはじめに、袋に入った粉と、カップに入った粉を、袋の中でよく混ぜます。モミモミ。モミモミ。

 

ある程度混ざってきたら、cocoru先生に液体をスプレーしてもらいます。もんではスプレー、もんではスプレー、を何回か繰り返すと、サラサラだった粉が固まってきます。

 

「これくらいでいいですか〜???」とcocoru先生に確認して、OKが出たら、自分のカップに移していきます。こういう作業ちびっこは大好きみたいで、ママが手伝おうとすると(-᷅_-᷄๑)と怒って自分でやり遂げようとしている姿をよく見ます。

 

カップ煮詰めるときのポイントは、これでもか!というくらいにギューギュー押すこと。特に、たまごアレルギーのお子さまがクリームを使わずにいろんな着色の粉を層にしたタイプのバスボムをつくる際には、ギューギューギュ〜ッと押し込めます。そうすることで、乾燥したときにきれいな光沢やしっかりした形状のバスボムに仕上がるからです。

 

粉をカップに詰めたら、クリームを絞ります。お楽しみの工程のひとつですが、少し難しいかも…と感じるちびっこはママや先生に絞ってもらってもいいかもしれません。

 

クリームが絞れたら、飾り付けです。ここもお楽しみの行程。ちびっこも自分なりにいろいろなことを考えてトッピングしていきますよ。

 

納得のいくまで飾り付けができたら、完成です!

「上手にできたよ〜♪」と見せてくれました\(^^)/

 

 

一生懸命手づくりしたバスボムを使ってしまうのはもったいないという方は、1週間くらいならお部屋に飾って楽しむことができるとのことです。ただ、しかし、お風呂に入れた瞬間のシュワシュワを楽しみたいのなら、やっぱりつくった当日に入浴剤として使ったほうがいいそうです(._.)

 

 

以上。cocoru先生のお子さまじきじきに、バスボムづくりを実演していただいた様子をご紹介しました!ご興味を持たれた方はcocoru先生のインスタグラムよりご連絡くださいませ〜!

cocoru先生のインスタグラム:@cocoru.2828

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トップページへ戻る

愛知県尾張旭市北本地ヶ原町3丁目62-1
外観写真

トップへ