ヘッダーロゴ

今回は、11月2日(土)〜4日(月・祝)に開催されたコラボイベントについてご紹介します٩( ᐛ )و

 

 

この日は出張イベントとして、いつものグローバルタウン尾張旭店ではなく、新しくオープンしたモデルハウスでワークショップを開催しました。

 

アサヒグローバル では、新たに、『アトリエのある家〜chiko’s house〜』という商品をリリース。

http://atelier-chikoshouse.com/

 

このお家をつくるにあたり指揮をとった担当者の長年の想いは、

“ママにいきいきしてもらいたい”。

それは、自分の奥さんも含めてだそうです。

 

ママになった女性は、子どもや家族のことを優先するあまり、ついつい自分のことを後回しにしてしまいがちなのかもしれません。それはとても優しくて温かいことなのですが、その繰り返しの中で、自分らしさが置いてけぼりにされていることに不安や焦燥感を感じる方も少なくはないのでしょうか。肌感覚でそんな状況を感じてきた担当者は、(ママがいきいきできる家づくりがしたいな)と考えていたそうです。その過程でわかったことは、“ママがいきいきするには、まず、ママが家族に対してしてあげたいことをしてあげられる環境づくりが必要”ということ。ママはひとりで楽しくっても心の底から満喫できません。家族が気持ちよくしているという状態があってはじめて、自分のことに目を向けられるからです。

 

リリースした、『アトリエのある家〜chiko’s house〜』には、日々の家事を効率よくこなせる工夫や、ママが自分と向き合える工夫、ママが好きなことを見つけたときに無理なく取り組める物理環境的な工夫が詰まっています。

 

例えば、

こちら、『アトリエのある家〜chiko’s house〜』の工夫のひとつ。

玄関から入ると、ホールを挟んで左にアトリエ、右にリビング。扉を開けばまるで一つの空間のように行き来でき、扉を閉めればアトリエとリビングそれぞれのプライバシーを守ることができます。

 

と、

ここまで新商品についての説明を続けさせていただいて強調したいのは、このコンセプト、

グローバルタウン『親子のアトリエ』を活用していただきたい気持ちとすごく似ていることです。実際に、当コラムでも登場していただいている、YUKIKO先生、cocoru先生、ruru先生も、子育てと家事をがんばる中で心にぽっかり穴が空いてしまったり、時間がなさすぎてor時間の使い方を持て余して自分を見失いそうになってしまったり、という経験を話してくださいました。

バックナンバー:http://oyako-atelier.com/2019/05/03/%e3%83%9e%e3%83%9e%e5%85%88%e7%94%9f%ef%bc%93%e5%90%8d%e3%81%a8%e3%81%ae%e3%81%8a%e8%a9%b1/

 

 

11月のコラボイベントは、そういう意味でも、相性バッチリだったでした。

 

 

 

それではイベントレポートです٩( ᐛ )و

 

ruru先生のキッズ向けアイシングクッキーワークショップに『アトリエのある家〜chiko’s house〜』をプロデュースしたchikoさんも参加され、「これ、すごくいい。子どもさんは楽しいよねぇ〜♪」なんて満喫されていました。

 

ママ先生が開催された親子ワークショップの様子です。

そして…。

ワークショップがいくら楽しくても、飽きてしまうのがちびっこの性。楽しんでいても飽きるんです。

 

「飽きたよ〜」のこの表情。

 

普段だったら時間を持て余してぐずってしまうところかもしれませんが、自由に行き来できるリビングとアトリエのおかげで、

リビングで遊んだり、ママの様子を見に行ったり、リビングでゴロゴロしたり、ママのところを覗いたり…

ぐずるどころか、終始にこにこなちびっ子たちでした。

12回目トップ

 

モデルハウスの見学は随時受付中です!

ご興味を持たれた方は下記までお問い合わせくださいませ〜。

http://atelier-chikoshouse.com/contact/index.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トップページへ戻る

愛知県尾張旭市北本地ヶ原町3丁目62-1
外観写真

トップへ